「原発事故被害者の住宅支援継続を求める意見書」の提出を求めましょう!

全国一斉行動「6月開催の自治体議会に向けて、意見書を提出してもらおう」という取り組みに、京田辺からも声をあげます!

まずは、要望書を各議員さんにお渡するために、いつも力を貸してくださる議員さんにアドバイスをいただきました。

・甲状腺ガンの増加などの実態、被災地の汚染状態の真実などを訴える。

・京田辺市には現在住宅支援を受けている方は居ないのですが、受け入れ数が少なかったこと、受け入れ期間が短かったことなどの理由で、ニーズに応えられなかったという事情がある。これから避難を選択する方の為に、支援の拡大・継続をお願いする。

・府議会と連動できたら理想なので、府議会のスケジュールを確認する 。。。などなど。

再度要望書を作り直し、各会派の議員さんにお渡しすることになりました。

京田辺市議会の本会議(採決)は、6月29日。傍聴にも行き、結果を見守りたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中