2016年10月お茶会のご案内です

10月のお茶会を開催します。
日時:10月11日(火)10:00~14:00
場所:京田辺市社会福祉センター3F 和室
参加費:無料
今回のお茶会にテーマは「保養」です。

この夏も各地で開催された保養キャンプ。

長く取り組まれているところ、今年始まったところ・・の主催者の方々から、その様子や取り組みへの想いなどゆっくりたっぷり伺いたいと思います。

「福島保養キャンプinみえ」と奈良県の「保養の旅えんむすび」の主催者の方々のお話とお隣の宇治田原町の取り組みについては取材班から報告を予定しています。

(私たちに合った取り組みについてヒントが見つかるかも・・?)

保養キャンプのお話は10時から12時の予定、その後も14時頃までお茶会は続きます・・。

ぜひ、お友達、お知り合いをお誘いあわせの上ご参加ください。

*昼食が必要な方はご準備ください。

*お茶やお菓子の差し入れ大歓迎です。

みなさまにお会いできることを楽しみにしております。

広告

原発事故被害者の救済を求める全国運動☆関西集会☆

ムシムシと梅雨らしい天気が続きますね。

来週7月9日(土)大阪市内で開かれる大事なイベントのお知らせです。

ぜひ、ご参加ください。

―福島原発事故から5年    被害者の救済を求めて―

伝えたい 原発事故
伝えたい 避難するということ
伝えたい その現実・・・あなたに
そしてともに学びたい
チェルノブイリ原発事故で被災者はどう守られたか

7/9(土)13:30~16:30
原発事故被害者の救済を求める全国運動★関西集会
http://www.act48.jp/index.php/2-uncategorized/45-7-9.html

★【特別報告】「チェルノブイリ法」~原発事故5年後の約束~ 尾松亮さん(『3.11 とチェルノブイリ法 再建への知恵を受け継ぐ』著者)

★ 避難者からのメッセージ
福島敦子さん・森松明希子さん・菅野みずえさん

★ 福島原発事故被害者の救済に向けて~棄民政策をゆるさない~ 除本理史さん (大阪市立大学教授)
満田夏花さん (国際環境NGO FoE Japan理事)

司会:守田敏也・うのさえこ

会 場:阿倍野市民学習センター 講堂

資料代:500円 *申し込みは不要です
定 員:150名 *お子様連れ歓迎♪
連絡先:集会について→311yuinet@gmail.com
全国運動について→国際環境NGO FoE Japan

Tel:03-6909-5983
主 催:「原発事故被害者の救済を求める全国運動」関西集会実行委員会

Scan0005 (2)

Scan0006

ゆいネット2016年7月のスペシャルお茶会

ゆいネット7月のスペシャルお茶会ご案内です!
3.11以降、千葉で放射能から子どもを守る活動を続けられている吉度 日央里さんをお招きします。
お話も伺いながら、カラダを守るためのデトックスや免疫力UPについて学びましょう。
暑い夏を乗りきるための、夏風邪、夏バテ、熱中症などの対処法も!
吉度さんのお話は、カラダが元気になることばかり!クスリにたよらないお手当て法で、家族も一緒に元気に過ごしましょう♪

●お手当法/ねぎみそ湯、しょうゆ番茶、塩番茶、大根おろし汁入りしょうゆ番茶など。。。

****************************************************
日時:2016年7月11日(月)10:00~14:00
場所:京田辺市社会福祉センター 3F和室
(京田辺市興戸小モ詰5-8)

☆第1部☆
―お手当講座ー10:00~12:00
参加費:500円(東日本大震災による避難移住者・ゆいネット会員)1000円(一般)
●定員20名(要申込・7/5締切)

☆第2部☆
ー交流お茶会ー12:00~14:00
参加費:無料(予約不要・お茶やお菓子の差し入れ大歓迎です♪必要な方は昼食をご用意ください。)
ゆいネット毎月恒例のお茶会です♪ゆっくりお茶を飲みながら、お話ししませんか。毎回、京都市内、大阪、奈良などからもご参加いただいています。情報交換や交流の場としてご利用ください。

◇第1部、第2部どちらかのみの参加も可能です。第1部のみお申し込みが必要です。
◇お子さまもご一緒にどうぞ。

●お問合せ・申込み
E-mail:311yuinet@gmail.com
********************************************************************

講師:吉度 日央里さん(オーガニックジャーナリスト)
1960年、静岡県生まれ。青山学院大学卒業後、
主婦と生活社に入社。
長男の重症アレルギーを機に会社を退職し、玄米菜食に出会う。
尾形妃樺怜氏に師事し、その後大森一慧氏、故大森英桜氏、
山村慎一郎氏、岡部賢二氏らに学ぶ。
『美人のレシピ』(山村慎一郎著・中島デコ料理/洋泉社)、『発酵道』(寺田啓佐著/河出書房新社)、
『いちばんやさしい! マクロビオティックおいしいレシピ98』
(大森一慧著/新星出版社)など、たくさんの書籍編集を担当。
著書に『カラダにやさしい自然の手当て法』など。

20160711kidosan

運営ミーティング

13418925_1755870218030527_6637751814050023075_nおはようございます。

昨日は、月に1回程度のペースでおこなっている、ゆいネットの運営ミーティングでした。

活動の報告、これからの企画の進捗確認、そのほかの様々な話し合い。
時々脱線しながらも、日々それぞれの想いのもと、忙しく活動しているメンバーの近況を聞きながらのミーティングは、エネルギーチャージの場でもあります。

さぁ来週14日(火)は、ゆいネットスペシャルお茶会♪
https://311yuinet.wordpress.com/…/ゆいネットスペシャルお茶会-セヴァンスズキ-be…/

ご参加お待ちしています☺

井手町議会へ!要望書提出しました。

6月3日。井手町役場に行ってきました。

京田辺市に続き、「原発事故避難者への住宅支援継続を求める意見書」を府や国へだしてもらうため、要望書を提出してきました。

議員の方々にはお会いできなかったのですが、議長と事務局長とお話しし、わたしたちゆいネットの紹介、要望書の趣旨などをお伝えしてきました。

こちらも今後の議会の動きを見守りたいと思います。

「原発事故被害者の住宅支援継続を求める意見書」の提出を求めましょう!

全国一斉行動「6月開催の自治体議会に向けて、意見書を提出してもらおう」という取り組みに、京田辺からも声をあげます!

まずは、要望書を各議員さんにお渡するために、いつも力を貸してくださる議員さんにアドバイスをいただきました。

・甲状腺ガンの増加などの実態、被災地の汚染状態の真実などを訴える。

・京田辺市には現在住宅支援を受けている方は居ないのですが、受け入れ数が少なかったこと、受け入れ期間が短かったことなどの理由で、ニーズに応えられなかったという事情がある。これから避難を選択する方の為に、支援の拡大・継続をお願いする。

・府議会と連動できたら理想なので、府議会のスケジュールを確認する 。。。などなど。

再度要望書を作り直し、各会派の議員さんにお渡しすることになりました。

京田辺市議会の本会議(採決)は、6月29日。傍聴にも行き、結果を見守りたいと思います。

5月8日お目覚めピアノコンサート開催

5月8日、さわやかに晴れた日曜日、3.11ゆいネット京田辺の会員宅で、ジャズピアニスト河野康弘さんによる「お目覚めピアノコンサート」が開かれました。ぴあの

使われなくなって眠っていたピアノを、必要な人の元へ届ける活動を長年されてきた河野さん。日本は世界でも群を抜いてたくさんのピアノが製造され、それに伴って森林も破壊されているのだそうです。ピアノは長年使え、壊れても修理できるように作られているもの。新しいピアノを買うよりも、眠っているピアノを大切に使っていこうと、河野さんは呼びかけます。

今回も河野さんのお引き合わせで、愛知県小牧市のお宅に眠っていたピアノが、ここ木津川市へやってきました。

20年ぶりの調律も済ませたピアノは、河野さんの超絶フリージャズ奏法(ルールはひとつ「ピアノを壊さないこと」。拳も腕も肘も使って本当にびっくりするくらいに自由です!)でお目覚めハッキリ、元気な音を響かせてくれました。

子どもも大人も一緒に弾いて、おなかのそこから声も出して、解放されるようなひと時をすごしました。

河野さん、おいでくださったみなさん、ありがとうございました!